野々市市のCM「初心」が審査員特別賞を受賞!

 昨日のHAB石川ふるさとCM大賞審査会の放送をご覧いただけましたか!?野々市市のCM作品「初心」が審査員特別賞を受賞しました。審査員の金沢21世紀美術館 秋元館長からは「市長の力の入り方がいいですね。1の次は普通2かな?と思ったらまた1と力を込めるところがおもしろい。若いまち、新しいまちが生まれているという勢いが伝わる作品。」、女優 柴田理恵さんからは「いまここでこうやって心がそろっているということは、この先、時が経っても前へ前へ進もうという、一番最初の原動力になる作品。」とそれぞれ講評をいただきました。野々市市は第1回目となる2002年からHAB石川ふるさとCM大賞に参加し、第10回目にして初の受賞となります。副賞として北陸朝日放送で年間40本、野々市市のCM作品「初心」が流れますのでお楽しみに。

 

 また、野々市市の「情報」と「交流」の拠点として2005年1月4日に開館した情報交流館カメリアは、本日、2012年1月4日に開館7年目を迎えました。

 2012年も情報交流館カメリアは「初心」を忘れず、みなさまにとって学びの場、創造の場、交流の場、憩いの場となるべく活動を推進していきます。昨年末の年賀状作成サポートで行列ができたIT・パソコンなんでも相談窓口をはじめ、カメリアパソコン教室も随時お申込み受付中。みなさまのITスキルアップを応援します。本年もよろしくお願いいたします。

カテゴリー: カメリアからのお知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です