ICTメディアリテラシー講座&パソコンで缶バッジづくり 開催されました

2月18日(土)情報交流館カメリア 302パソコン研修室で
「ICTメディアリテラシー講座&パソコンで缶バッジづくり」開催されました。
 
当日集まってくれたのは野々市市内小学校3~6年生のお友だち8人、講師はカメリア職員が勤めました。
「『ICTメディアリテラシー』難しい言葉だけど、「パソコン・スマホとかの情報を上手に、正しく使いこなそう」ということです。」
 
 

先ずはパソコン操作の基本である、マウス操作とタイピング。みんな先生もビックリするくらい上手にマウスを操作、タイピングもローマ字入力を難なくこなしていました。
(小3の国語でローマ字を学ぶのですね)
 

続いて実習。ネットを使いこなす基本は「検索」ということで、野々市にゆかりのある問題を出題。「野々市」「虫送り」などについて調べてもらいました。

 

答え合わせとして、授業で使っている社会科の資料を使用、
「ネットの情報が必ずしも正しいとは限りません、いくつかのページを比べてみたり、教科書、本などで確認する習慣をつけましょう」
またネットの便利な使い方として、地図上を歩けるサービスを体験、マウスを操作して、カメリアから自宅まで辿れるか挑戦しました。
これもみんな操作にすぐ慣れ、地図上をすばやく移動し、金沢まで「ドライブ」してきた子も。
 
ネットで気を付けるべき点として、「インターネット」の仕組みと歴史、そして現在主流となっているSNSについて紹介。 
「インターネットはTVなどと違い、自分で操作、検索して情報を得ます、そしてTVとの最大の違いは、自分も『発信者』になれるということ。」
近年の「ネット炎上騒ぎ」を例に、軽い気持ちや、仲間同士でのやり取りでの写真が、非難を受けたり、プライバシーを暴露されるなど、大きなトラブルになった事例を紹介しました。
そして友人とのやりとりや、ゲームに夢中になってしまう「スマホ依存」についても、寸劇を交えて紹介、
「皆さんもあと何年かで自分の「スマホ」を持つようになるでしょう。でもそれに振り回されないよう気を付けてください。」
 
最後にお楽しみ、缶バッジづくりです。
せっかくのパソコン教室なので、ペンタブレットを使ったお絵描きに挑戦してもらいました。
線の太さやタッチを変えたり、色を塗ったり、初めて触る機器とソフトへの慣れの速さに、スタッフ一同またビックリ。
 
それぞれお気に入りのキャラクターを描いた缶バッジ、全員が完成させることができました。


 
 
【参加者の感想】
 
1.マウス・キーボード操作について
・けっこうなれていて、やりやすかった。
・ブラインドタッチとかがけっこうつかえるようになった。
・マウスパットが小さい
・たのしかった
・むずかしかったです
・むずかしい
・マウス・キーボード操作いついて分かった
 
2.けんさくについて
・けんさくする名前がいろいろあって、かえないと出てこないときもあったのでむずかしかった
・いろいろなことがてできてべんりだと思いました
・むずかしかった
・むずかしかったけどたのしかった
・むずかしかったです
・うまくいかなかった
・いろいろな行事や名前を知った
 
3.インターネットでまち歩きについて
・なかなか、家などが見つからなくて日ごろから、
 よく、まわりを見て、おぼえておこうと思った
・じぶんの家やら友だちの家とかを見れてすごくおもしろかった。
・家についた
・いろんなところにいけてたのしかった
・むずかしかったです
・どうやって歩けばいいか分からなかった。
・思った感じにできなかった。
・インターネットを使って360度のけしきがみえたのでびっくりしました。
 
4.缶バッジづくりについて
・絵をかくのがむずかしくて、もっとマウスに、手をならそうと思った。
・缶バッジづくりは家でもやりたいと思った
・1時間30分はかかった。
・いろんなわからなかったけどたのしかった
・むずかしかったけどたのしかったです
・絵をかくのがむずすぎた。
・パレットで書くのがむずかしかった。
・何回かうまくいかなかったけど、3回目ぐらいにうまくいったのでよかったです。
 
5.そのほか きょうの感想
・ローマ字を練習するゲームがおもしろくて、2つもあるなんてびっくりした
・今日は自分の好きなマークを作ってすごくいい体けんができた。
 ありがとうございます。
・けっこうたのしかった。
・たのしかった
・かんばっちをうまくいかなかったけどつくれたのでよかったです
・けしゴムで消す時にけすのがむずかった。
・ペンの細さや太さをちょう節するのが大変で色をつかいわけたのがむずかしかったです。
・何回も失敗したけど、うまくつくれたのでよかったです。
 いい思い出ができてよかったです。
 えをかいたり作ったりして楽しかったです。
 このかんバッチ作りに参加してよかったと思います。
 
・スマホのべんりなところ
 ちょくせつ友達の家にいかなくても、ラインやメールでいいたいことを伝えられる。
  
・スマホできをつけなければならないところ
 かってに自分の個人情報を教しえたらだめ。
 
・かんそう
 いろいろな名前や行事などを知った。パソコンでローマ字をうつのや使うのはあまり好きではなかったけど好きになった。

カテゴリー: カメリアの催し物 パーマリンク