SDGsカードゲーム体験会 開催されました

2月5日(火)情報交流館カメリア・ホール椿にて「SDGsカードゲーム体験会」開催されました。

「SDGs」とは、2015年9月に国連本部で採択された、全世界の人々が生活を継続していく上で、2030年までにみんなで解決しなくてはならない目標の事。
地球上で起こっている貧困、教育、雇用、人権、気候変動など細分化された「17の目標」と「169のターゲット」を設定しています。

今回、SDGsへの理解を深めるために、金沢工業大学の学生が独自に開発した、資源を組み合わせて課題を解決する「カードゲーム」をプレイ。
SDGsと実生活との関わり、未来に向け課題を解決するアイデアを、楽しみながら創出するプロセスを体験しました。

参加者の声 (一部抜粋)
・課題解決能力も身に付くし、発想力も身に付く。他の課題にもためしてみたいです。
・創造力を出すことの練習になった。創造力は練習することで向上できることを学べた。何事も問題解決するためには、創造力とストーリー性(関係づけ)が必要だと理解できた。
・色んな人達による発想がおもしろく感じました。このようなゲームがあることを知るきっかけとなり貴重な体験でした。
・世代の異なる方々と意見交換できて非常にためになりました。
・仕事より頭を使いました。
・SDGsを解決するのをカードゲームで楽しく学ぶことができたのでとても良かったです。
・とても楽しかったです。工大の学生さんたちすごい!! わかりやすかった!
・イノベーションをむりやりおこす訓練になるので良い。また自分のもっているリソースを出すことで自分がよく見える。いかにアクションにつなげるか!!

カテゴリー: カメリアの催し物, 未分類 パーマリンク